良く当たる電話占い情報

好きな家を建てたい。そう思うのは当然のことです。どんな家を建てるか決まりはないのですから、自由に選びましょう。洋風の家というと、お城のようなイメージがありますね。お城のような家に住みたいという願望がある人は結構多いみたいです。でも、家の外観までお城のようにできる人はなかなかいません。それは、夫婦間で住みたい家が違ったり、建築士が聞き入れてもらえなかったり、業者が対応していなかったりというのがその原因でしょう。

 

洋風建築の魅力
夫婦間で住みたい家が異なる場合は、どちらかが意見を譲るしかありませんよね。大体は、お金の工面をするご主人が決めることの方が多いようです。あと、建築士や業者が洋風の家を建てられないというのは、やはりあまり建てる人がいないからでしょう。洋風の家を建てたいなら、洋風の家を建てたことがある建築士を選ぶか、色々な注文住宅に対応している建築士を選ぶべきです。

 

私の知人である、倉田俊男さんの奥さんは、ベルサイユのバラが大好きで、彼も最近、洋風の家を建てたんです。奥さんはお姫様願望があるのでしょうね。倉田さんは本当に奥さん想いの人で、いつも見ていて微笑ましいんですよね。奥さんの要望に応えて、本当にお城のような家を建てたんですよ。その夫妻は、家を建てようと思った時に既に洋風の家に住んでいる人に建築士と業者を紹介してもらったそうです。洋風の家は、外観が特殊な形になってしまうので、やはり経験者で無ければ良いデザインができないみたいですね。それに、使用する材木などの資材も、日本の一般的な家で使われていないものを使用するケースもあるそうです。本格的な洋風の家を建てるには、それなりに知識が必要ということでしょう。

 

倉田さんの家は、外も中も真っ白で眩しいくらいです。柱やドアなども洋風の物が使われていました。何といっても素敵なのが窓で、映画に出てきそうな出窓が取り付けてあったんですよ。あと、倉田さんはバルコニーや螺旋階段とかを付けたかったらしいです。バルコニーは実現したそうですが、螺旋階段は無理だったようです。

 

どこまで洋風な家にこだわるのかと思ってしまいますよね。みなさんはどのような家を建てたいって思っていますか?先ほど、お話ししたように、洋風の家は建築士や業者を良く選ぶことが大切ですよ。みなさんも夢の家をしっかり建てられるように、妥協しないで選んでくださいね。家は一生ものの買い物ですから、絶対に満足のいくものを建てましょう。

 

家を建てる時に、既に土地があるなら、その土地に合わせて家を設計するということが必要になってきますよね。家を建てた、または建てることを検討しているというみなさんは、どのような土地に、どのような家を建てているのでしょうか。

 

土地の形を活かす
私の友人である、倉田俊男さんの家は傾斜地に建っているんですよ。その倉田さんは、20代の後半で家を建てたんですが、安い土地を購入しないかと知り合いの不動産業者に言われて、20代の初めの頃に親とお金を出し合って購入したそうです。といっても、20代の初めの若者がお金をそんなに持っているはずがありませんから、とりあえずは立てかえてもらって、後から返済していったそうです。でも、彼の名義にしてもらったらしく、20代後半にして、マイホームの建築にこぎつけたようです。

 

その土地は、安いだけあって、傾斜地だったんですね。それで、彼は建築士に相談して、傾斜地を活かした家を設計してもらったんです。傾斜地を活かしたその家は、3階建てなのですが1階部分が半地下のようになっています。半分道路下にあるって感じで、窓があるので明るいです。

 

地下室は、湿気がこもって住み難いイメージがありますが、彼の家のように半地下なら窓が取り付けられるので、湿度問題もクリアですね。倉田さんのお宅はカラリとしていて、お子さんの子供部屋になっていました。土地が傾斜地なので、日当たりも良好で、その家を設計した建築士はさすがだと思いましたね。あまり経験がない建築士だと、これほど傾斜地という土地を活かせなかったのではないでしょうか。

 

倉田さんに聞いたところ、彼も知り合いにその建築士を紹介してもらったそうです。特殊な土地なので、心配になったのでしょう。みなさんも、良い建築士を知っている知人がいるのなら、そのコネは使った方が無難ですよ。

 

家は、実際は業者が建てるから、良い家が建つかどうかは業者次第だと思うかもしれませんが、設計は何よりも大切です。設計を見ながら業者は家を建てるのですから、その設計がきちんとしていなかったら、家は建ちませんよね。家の建築中も建築士は設計通りの家が建っているかどうかをきちんとチェックしますし、設計通りに造られていなかったら、やり直しってこともあるらしいですよ。それくらいこだわりのある建築士だったら、頼りがいがあって良いですよね。

 

みなさんもせっかく家を建てるのですから、こだわりのある建築士をしっかり選んでくださいね。その土地を活かした素敵な家が建つことを願っています。

 

新築の家を建てたいと思ったら、まずは業者を選ぶ必要がありますよね。家を建てる業者と言えば、工務店やハウスメーカーがあります。どういう業者を選ぶのが良いのかというのは、すごく大事なポイントになります。

 

私の友人で、倉田俊男さんという人がいるんですが、彼はすごく建築に詳しいです。別の友人で、新築を建てたいという人がいたので、その人に倉田さんを紹介してあげました。業者選ぶのにやはり迷っていたということで、どういうところが良いのか教えてあげてほしいということを伝えたところ、友人に対して丁寧に教えてあげていました。

 

その人は大学でサークルが一緒で仲良くなった友人なんですけど、とてもユニークな人で、一緒にいるといつも笑い転げるほど笑えるんです。パチプロになりたいと言うほどパチンコが好きなんですけど、恐妻家なので、パチンコは我慢して休日だけ行っているそうですよ。そんな彼でも、しっかりした奥さんと倉田さんのアドバイスのおかげで無事に新築を建てることができたんですね。

 

先日、新居に招かれてお邪魔してきたんです。友人は、倉田さんにいろいろとアドバイスをしてもらえてよかったと感謝しているようでした。
一般的に、工務店は個人経営のところが多いので、家を建てるコストを下げることができ、その分、無垢材など材料にお金を回すことも可能なんだそうですよ。

 

あと、ハウスメーカーは規模が大きく、その分コスト高になりますが、サービス面は良いそうですよ。どんなサービスをしてくれるかというと、住宅ローンの斡旋とか、引っ越しの段取りとか、あと上棟式や地鎮祭などの儀式も全て行ってくれるんです。始めて家を建てる人は、何をどうすれば分からないけれど、これなら安心ですよね。でも、ハウスメーカーは、自社ブランドした販売しませんので、融通がきかないというデメリットがあります。

 

もう1つ、建築士が運営する設計事務所を利用するという方法もあるそうですよ。
全部ではありませんが、施工までしている設計事務所があって、そのようなところなら、設計から施工まで一貫して家造りを依頼できで、しっかりした家を建てることができます。でも、デザインに凝ったり、材質に凝ったりして予算オーバーしやすく、コスト高になってしまうというデメリットがあります。

 

どの業者を利用するか、人それぞれですが、とりあえず見積りをもらってみると良いですよね。当然、誰でも予算というものがあると思うので、それに収まるように確実に家を建ててくれるところを選ぶべきでしょう。ただし、家を建てる時は、建築費用だけではなくて、登記にかかるお金とか司法書士に払うお金とか税金とか、他にも色々な費用がかかるんですよね。家を建てる前にしっかり調べておいた方が良いかもしれませんね。

「電話占いをしてもらいたいけれど、どの電話占いを利用するのが一番良いのだろうか?」などといったことを疑問に思っていらっしゃる方も多いと思います。

 

良い電話占いを見つけるための方法としましては、占いが大好きな人の口コミ情報を参考にするのが一番良いと思うのですが、「受け付けの対応が良いか悪いか?」というような部分でも、その電話占いが良いかどうか?というようなところが見えてくると思います。

 

受け付けは会社の顔と言っても過言ではないので、この受け付けの対応が自分に合っていないようであればその電話占いは今後一切利用しないようにした方が良いと見えます。

 

逆に、受け付けの対応が心地よくて自分に合っているなと感じたようであれば、その電話占いも気持ちよく利用することができますのでその電話占いを利用してみるというのも良いと思います。

 

他にも目をつけるべきポイントとしましては、「しっかりとあなたの相談を聞いているのかどうか?」ということで、中には人の話を大して聞かずに占い師自身の話や愚痴ばかりを話してくる人もいるので気を付けましょう。

 

こちらはしっかりと話や相談を聞いてもらうためにお金を支払ってまで占い師の方に通話をしているわけですので、自分の話をおざなりにして占い師の話ばかりを聞かされてしまう電話占いはろくなところではありません。

 

ましてや良い電話占いとは程遠いものとなっていますので、こういう占い師の行為が続くようなところであれば先生を変えたりだとかまた別の電話占いのサイトを利用してみるといった対策を取るのが最も適切なのではないでしょうか?

 

他にも良い電話占いをするために注意をしてほしい点があるのですが、それは「あなたが占ってもらっている占い師があなたのことを不安にさせていないかどうか?」ということで、あなたと彼は今後上手くいかないよとか、絶対に別れるよとか、何の根拠もないことをベラベラと言ってくるような占い師の方の言うことはほとんどの場合は信用できません。

 

相手の不安ばかりを煽ってくるような占い師のサイトでは電話占いをしないようにすることが大切ですね。

 

逆にどういう占い師のところを利用すればいいのかと言いますと、無理なことはしっかりと無理などと言ってくれる占い師のところにかかることです。電話占いは、良い占い師のところにかかることができれば、とても良い時間を過ごすことができますし今後の参考にもなるので良いと思います。

電話占いは手軽にフリーダイヤルなどから行うことができるということで、「電話から占い師さんに占ってもらおうかな?」と考える人もとても多いみたいなのですが、電話占いにかかってくる料金というのはどれくらいのものなのでしょうか。

 

実は電話占いを行うことができるサイトというのは1つではなく、沢山存在していますのでそれに比例して鑑定料金なども異なってきますので注意が必要になりますね。電話占いによっては1分で140円の安心価格のところもあるのですが、1分で300円とかなり高いところもあるみたいですね。

 

1分の鑑定料金が157円のところもありますし、20分につき3150円というようなところもあるようです。

 

ただ、電話占いを行なっているサイトの中には悪質なところもありますので初めて電話占いを利用するというような場合にはかなり注意してもらいたいと思います。

 

「どの電話占いが悪質なのか?」というところは、ホームページ上の表記などがしっかりとしているのか?というところを見る他にも、口コミ情報などをしっかりと確認して評判が悪いところであれば今後一切利用しないようにするなどの対策を取ることが大切ですね。

 

安心して利用することのできる電話占いのサイトでは、しっかりとホームページ上に分かりやすく料金設定がされていてこれだけ通話をしたらこれだけかかってくるというようなことがしっかりと記載されていて、あやふやには書かれていないので、そういう点をしっかりと見て確認をしていくことが大切なのではないでしょうか?

 

また、電話占いといえども人のプライバシーをしっかりと保護してくれないというようなところはかなり悪質と見て間違いないので利用をしないようにすることもとても大切ですね。

 

有名鑑定士の方でよく名前の聞く人が鑑定をされているというようなところであれば、大手の電話占いと見て良いのでひとまず安心して利用することはできると思います。電話占いは、有名鑑定士さんに占ってもらうことができるしプライバシーの保護もされるので安心して利用することができます。

電話占いを利用したいけれど、どこから利用すれば良いのかが分からないというような悩みを持っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?電話占いをしようと思ったなら、インターネットで電話占いについてのことを調べる必要があります。

 

インターネットで電話占いを調べてみると、結構色々な電話占いのサイトが見つかると思うのですが、「自分が何を鑑定してもらいたいのか?」というような点をまずよく考えて、それについてしっかりと電話占いをしてもらうことのできる占い師さんのいるサイトを見つけ出すことが大切ですね。

 

電話占いを行なってもらうことのできるサイトは、全て一緒と思っていたら大間違いで、それぞれのサイトによっては占い師の人達も全然違ってきますし、どれだけ長い間占い師をされているのかということもバラバラですので、自分が安心して利用をすることのできる電話占いのサイトを探しだすことが大切ではないでしょうか。

 

電話占いはホームページ上から直接登録をして利用することもできるようになっていますので、必要事項等を専用のフォームに正確に記載していって送信をすることで、登録手続きが行えます。

 

支払い方法などにも注意が必要で、支払い方法はほとんどの場合がクレジットカードでの支払いとなることが多いみたいですので、クレジットカードを使うことができないというような方は注意してもらいたいと思います。

 

登録手続きを専用のフォームから行なうと、後は登録手続きが完了するので自分が鑑定をしてもらいたい占い師の先生を指名して選ぶこととなります。

 

この時にも自分が選ぶ占い師の先生もよく吟味をして選ぶことが大切で、占い師によっては自分のフィーリングと合わないというような方も中にはいらっしゃると思いますので、しっかりと占い師のプロフィールを見たりして選ぶようにしてくださいね。

 

電話占いは、占いの館などに行かなくてもフリーダイヤルからお金をかけずに電話を使用しての占いや鑑定を直接占い師の方などに行なってもらうことができますのでとても安心できますし、信頼できる占いの仕方だと思います。

占いに興味のある方なら電話占いという占い方法を行ったことはないにしても一度くらいは耳にしたことがあると思います。

 

電話占いというのは要するに、占い師の方に電話をして鑑定をしてもらうというもので、実力のある占い師の方の鑑定であればあなたの未来を占ってくれたり様々な自分の知らない未来のことなどを占ってもらうことができるようになっています。

 

占術には霊感占いとか霊視鑑定が主な占い方法となっているみたいなのですが、それ以外にもタロット占いとか四柱推命といった古くから行われている占いなども行なっているところもあるみたいです。

 

この電話占いはわざわざ占いの館などに行かずとも手軽にプロの占い師の方と電話で話して鑑定をしてもらうことができるようになっていますので手間がかからずとても便利です。鑑定するのに勿論料金などはかかってくるのですが、よく当たる占いになればなるほど鑑定料金は高くなる傾向にあるでしょう。

 

私としましては、電話で直接占い師の方に鑑定をしてもらうことができるので、占いの館まで足を運ばなくても良いという点で大きな魅力を感じますね。

 

大抵の電話占いの鑑定料金は、1分で200円から400円前後と結構高めになっているようなのですが中にはフリーダイヤルで電話をすることができる電話占いなども存在していますので、電話占いをしてもらう際には必ずフリーダイヤルができるかどうか?というような点にも気を付けて行いたいところですね。

タロットカードに描かれたイラストを一度でも見たことがある方なら「なんとなく神秘的」「死神のカードは気味が悪い」という感想を持つかもしれませんね。現在、占いと言えばタロットカードと連想するくらい、この占術はメジャーになりました。

 

タロットカードは「彼の今の気持ちがしりたい」「今の仕事はこれからどうなるの?」という短いスパンで答えがでる質問、気になる人の気持ちを知るのに最適です。

 

またタロットカードは22枚の大アルカナと56枚の小アルカナの78枚のカードで構成されており、78枚すべてのカードはフルデッキと呼ばれ、一人前のタロット占い師ならフルデッキで占えて当然、と言われています

 

。このタロットカードの起源ははっきりとしていませんが、15世紀前半にはタロットの原型ができあがっていたのではないか?と言われているようですね。その後、マルセイユ版タロットや、ウエイト版タロット、トートタロットなどが制作され、これらカードは今も多くの占い師や占い愛好家に親しまれています。

 

占いと言えばタロットカードと言われるくらい有名になったこのカードですが、誰でも気軽に占える反面「本当にあたる占い」ができる本物のタロット占い師には、誰でも簡単にはなれないと言われています。

 

このタロットカードは典型的な卜占(ぼくせん)で、相談者の性格や才能、仕事の向き不向きなどを占うには向いていないと言われていますが、すぐ目の前にある悩みや質問に対しては即断できるメリットがあります。

 

「私は将来どんな仕事についたらいいでしょうか?」という質問には四柱推命や西洋占星術で占うのが最適ですが「彼が私のことをどう思っているの?」という質問に、四柱推命やカバラ数秘術で答えを出すことはできないでしょう。

 

ただ、本当に熟練したタロット占い師は「私に文章を書く才能はあるの?」というような命占が最も得意とする相談も、カードで即座に答えをだすことができますよ。

 

また、現在は「霊感タロット」と「タロット」の二種類のタロット占術が存在しますが、実際に鑑定を受けてみた感覚としては、両者に大きな差はないようです。

 

タロットカードを展開すれば、必ずそのカードの内容について解釈することになりますが、このとき霊感でカードの意味を解釈できるのが「霊感タロット」であると考えられます。

 

けれども霊感タロットができるという占い師の解釈が平凡であったり、また「私には霊感はありません」というタロット占い師でもインスピレーションをつかって判断していることもありで、占い師の個人差・能力差をより重視した方がいいと思います。

 

霊感と名がつけば依頼者が増える、程度で自称していることもあります。質のいい占い師を見る目を養いましょう。

チャネリングとは、宇宙や神様、守護霊といった「高次元の存在」または身近な自然や動物と魂を触れあわせること。そしてその波動やエネルギーを受けいれ、そこから発せられるメッセージを感じる、または言葉にすることです。

 

こんなふうに書いてしまうと「チャネリングって、なにか特別な人しかできないこと?」と考えがちですが、そうではありません。普通の主婦でもできると書籍などでも紹介されていますので、特別な霊能力がなくても誰でもできるものです。

 

もちろんそれなりの訓練が必要ですよ。けれども、プロの占い師(チャネラー)がこのチャネリングを使うときは、当然ですが素人と同じレベルではありません。電話占いでこのチャネリングを占術として使用するときは、占い師がより高次元の存在(守護霊や高自我(ハイヤーセルフ)など)とつながり、依頼者に対するアドバイスや警告、未来に起きることを告げる、という占い方法が一般的です。

 

また人の意識は深い部分ではつながっていますので、相談者が気にしている人、好きな人の気持ちも知ることができます。この場合、チャネリングで直接ご本人の気持ちを読みとるだけでなく、チャネラーが普段から意識の中で交信している存在と話しをして、相手の気持ちを間接的に伝えることもあります。

 

また状況によっては、相談者に対してアドバイスをあえてしないという場合もあります。

 

そうなると依頼者側としては「何もメッセージがもらえなかった」と不満を感じることになりますね。でも「この問題に対する答えは、あなたがしっかりと考えていきないさい」というメッセ―ジを発しているわけですから、それはそれとしてしっかり受けとめなければなりません。

 

また電話占い会社の中には、チャネリングで全ての悩みが消える、どんな質問にも的中率90%以上など、期待感を過剰にあおることを書いていることがあります。悩んでいるときは藁にもすがりたくなりますが、あまり鵜呑みにしない方が無難です。

 

チャネリングは霊視・透視占いと同じで、チャネラーの体調や気分などに影響されやすい占術。ですから当たるときは面白いように当たりますし、外れるときは外れてしまうのです。

 

この占術は「未来が当たった」と、あてものとして利用するのではなく、依頼者の意識とつながった方の気持ちを読みとく、依頼者の深層意識にあるコンプレックスやトラウマを克服し、より明るい未来を掴みとるための方法とする方が結果的に有効に使えるのかもしれませんね。興味のある方はぜひ。

電話占いでとくに人気のある占術に「霊視・透視」があります。この占術は、その占い師だけが持つ独自の霊能力や直感力を駆使して占う方法のこと。相談者の過去・現在・未来を見通し、相談者に関係する人たちの気持ちや本心を読みといていく。そんな占い方が特徴です。

 

「好きな人がいるんですが、この先どうなりますか?」という質問の場合、相手の生年月日などのデータが必要ありません。また占い師の脳裏に浮かぶイメージや映像を元に未来を予測していきますので、あまり時間がかからないのが大きなメリットです。

 

電話占いは時間との勝負。ずるずると話しを引きのばすのはもちろんですが、データの分析に無駄に時間がかかるようではダメなのです。ですから浮かんだイメージからすぐに結果がだせる霊視・透視占いは、スピーディーで占料を無駄遣いせずにすむと一時期大流行しました。

 

10年前は「霊感」とか「霊視」という肩書がつけば、おもしろいように依頼者がついていたのですが、今は霊視・透視占いが浸透し、本当の実力のある方しか生き残れなくなりました。霊視・透視占いで長い間占い師として活躍している方は「本物」と考えていいと思います。

 

けれど、この無敵の霊視・透視占いにもデメリットがあります。占い師の体調が良いとき、相談者と波長が合った場合は占い師自身が最高のパフォーマンスを発揮できるのです。けれども占い師と言えどやはり人間。体調が悪いとき、相談者との波長があわないときはよく視えません。そのため、データやカードをつかって占いをする占い師にくらべ、体調に影響されます。要は鑑定結果にムラがでやすい、ということなんですね。

 

もちろん、中には霊視・透視能力で安定した鑑定をおこなう占い師もいるでしょう。けれど占いは生身の人間が行うものですので、つねに安定した力で鑑定できる方は実は少数派なんですね。

 

ですから電話占いサイトでも、最近まで活躍していた霊感占い師が、急に鑑定を休むようになったということも珍しくありません。また霊視・透視の場合、いい加減な鑑定結果を言ってもばれにくい面があります。

 

復活愛の相談で音信不通になった相手の今の気持ちを霊視します、と言っても結果を検証できない場合は適当なことが言えるものです。このように質の悪い霊視・透視占い師がいて問題になったこともありましたが、だいぶ淘汰されたようです。

 

霊視・透視占いは卜占に分類され、生年月日のデータが必要なく、さらに鑑定の早さや結果のクオリティが魅力です。けれども占い師の体調に左右される面があるため「期待し過ぎない」で利用するのがよいでしょう。

ここからは電話占いの種類(占術)についてご説明しましょうね。まずはスピリチュアル。最近は「スピ系」と呼ぶ方もいます。このスピリチュアルについては、かなり広い解釈があります。

 

前世診断やソウルメイトと言った前世の因縁をみる能力を持った方をスピ系と呼ぶこともありますし、イタコの口寄せに代表される、死者や生霊と話しができる方もスピ系と呼ばれます。また相談者の幼少期の記憶をたどり、今相談者を悩ませている問題を解決する方もスピ系ですね。

 

魂や心の世界、前世の因縁、前世の記憶、神々との交信など、見えない世界に関することをまとめて「スピリチュアル」と呼ぶのですね。このスピリチュアル系の占いでは、未来を予測することをあまり重視していない傾向があります。

 

どちらかと言えば相談者の内面と向きあい、心のうちにあるコンプレックスやトラウマを克服する、受けいれることで人生をより好転させようという姿勢が強いようです。

 

ですから「試験に合格しますか?」「事業を起こしたら確実に利益がでますか?」「どちらの会社に入社すればうまくいきますか?」という相談内容であった場合、あまり納得できる答えはもらえないかもしれません。

 

スピリチュアル系の占いでは、占い師が何らかの霊能力を持っている場合もあり、霊感・霊視での占いに近いものかもしれません。スピリチュアル系の占い師の中には、異性と良い縁を結ぶために護符やおまじないをつくり、呪法を行うこともあるようです。

 

逆に「縁切り」のために呪術を用いることも。このように実際に呪術を使うと、運を積極的に好転させることができる面もあるようですね。そのため、本当に力のあるスピリチュアル系占い師はたいへんな人気があります。

 

占料も桁違いで、つねに予約が埋まっている状態なのです。またスピリチュアル系の占い師の中には、霊能力だけでなく通常の占いを併用して鑑定を行う方もいます。この場合「霊感タロット」を使っています、と表記していることが多いようです。

 

通常のタロット占いとは違う、ということが言いたいのですね。どの占い師が良いのか?それは相談者との相性もありますので、よく観察してほしいと思います。スピリチュアル系の占いは「相談者の心の中にある重しを取りのぞき、相談者がより自分らしく生きていけるようにお手伝いする」役割を負っているのでしょう。

 

ただ中には「スピ系」という肩書がつけば依頼が増えることを狙い、実力のない占い師がわざとスピ系と名乗っていることもあるようです。ほんものとにせものを区別する目を持ちたいものです。

運営者 品川早織
ホームページ http://www.hirstandgreene.com/
お問い合わせ info@hirstandgreene.com

当サイトでは安心してサイトの利用が行え様に利用者様のプライバシーを尊重し個人情報の取り扱いに関して最大限の注意を払っている事をここに確認致します。サイト内の充実を計りサイト利用者にとって読みやすく分かり易いサイトを目指す事を基本サイト理念としております。

 

明るく前向きで発展的なサイトの作成に力を注いでおりますのでご協力及びご理解を頂けるようお願い申し上げて居ります。個人情報の取得目的及び管理について当サイトを運営するに当たって取得した個人情報に関してはサイト運営を行う目的及び質問に回答する際に利用する事を基本とし、それ以外の利用を目的とした場合には個人情報を取得する際に予め明示してから行う事と致します。

 

サイトを運営するに当たって集まった個人情報に関しては法的拘束力のある政府機関、地方自治体、裁判所、警察、国際司法機関などからの開示請求に対して例外的に開示する場合がある事に関して予めご了承頂きます様お願い申し上げております。

 

日本国内の法律の改正に合わせて当サイトも速やかに随時新しい法律に改訂を行っていきます。外部リンクについて当サイトではサイト内コンテンツより外部のサイトへリンクしている事がありますが当サイトでは外部リンクのプライバシーの取り扱いに関しましては一切関知致しておりませんのでご了承下さい。

 

外部リンクのプライバシー取り扱いに関しましては外部リンクの利用規約及びプライバシーポリシーを参照下さいます様お願い致します。当ウェブサイトのリンクに関して健全なインターネットサイトを継続していく為に公序良俗に逸脱する内容を掲載しているサイトや営利目的、勧誘目的のサイトからのリンクは固くお断り致して居ります。

 

当サイトではリンク元に対しての第三者の苦情、損害賠償請求に関しての一切に責任を負わないものとしリンク元の内容に関しては一切の保証を行いませんので予めご了承下さい。当サイトのプライバシーポリシーについて当サイトでは予告なくプライバシーポリシーを変更する事を予め予告しております。

 

ご利用者にはプライバシーポリシー変更の都度連絡する事が致しかねますので利用の際には最新のプライバシーポリシーを参照下さいます様ご了承願います。プライバシーポリシーの適用範囲に関しましては当サイト内にのみ適用されますので当サイトよりリンクされている他サイトに関しては適用されませんので一切の責任を負いません。

当サイトはサイトより直接販売は行っておらず情報提供のみ行っています。

 

サイト上に記載されている情報や内容につきましては細心の注意を払い出来うる限りの最新情報を掲載していくつもりではありますがタイムラグが生じる可能性がある事、サイト運営者はサイト利用者が当サイト及び当サイトがリンクしている外部サイトより得た情報及び利用した事によって生じた損害についてその損害の一切の損害賠償責任を負わない事を確認しますのでご了承ください。

 

当サイトを管理している管理者はサイト上のコンテンツについては全て当サイト運営者に著作権があります。サイト内のコンテンツは第三者の書作権を侵害するものではない事を保証するとともに当サイトよりリンクした外部サイトに関して保証するものではない事を確認致します。

 

当サイト及び当サイトよりリンクしている外部サイトの情報をダウンロード等によって他のサイトやブログへの転載利用する事を固く禁じておりますのでこれらの行為に関して行わないようお願い申し上げております。

 

当サイトでは運営者が独自目線にて分析、解説等を行っており出来る限り分かり易く見やすいサイト内容になる様に心掛けています。

ルーン

ルーンは、タロット占いや易を用いた占いと同様の種類です。占いの種類としては卜占という種類に当たるのですが、基本的には石(札やカードを使用することもあります)を用いた占いのスタイルになります。

 

24個の石ないしは札やカードに刻まれたルーン文字を見ながら、相談者について占うものなのです。ルーン占いというのは元々北欧が発祥となった神聖文字のことを言います。石に刻まれている情報を元に天からのメッセージを受けると言うことです。

 

ちなみに、北欧神話の中でもオーディーンという魔術の神がルーンを得たという逸話も残されていることから、北欧の人々の間では神々との交信の道具として用いられていた神聖なものであることが想像できるのではないでしょうか。

 

さて、ルーン占いというものは、基本的に占い師の解釈によるところが少なくありません。

 

もちろん、基本的なルールが存在していることや大まかなルーン文字と占いの内容に関するセオリーは存在しています。また、相談者側の状況も大きく左右しています。ただし、メッセージを読み取る占い師としての技術も大きく左右してくることがお分かりいただけるでしょう。

 

したがって、実力のある占い師に相談すべきなのです。ルーン占いによって分かることは、はっきり言ってしまえばこの世の中のすべての悩みです。もちろん、この点は占い師によって「恋愛が得意」とか「転職や独立開業に関する悩み事が得意」という風に住み分けが行われているわけです。私も恋愛について占ってもらったことがあります。

 

したがって、実力がある占い師の中でも、特に自分が相談したいと考えていることと関係性が深いジャンルを得意としている占い師を見つけるようにしてください。

 

しかし、身近なところにすべてを兼ね備えた占い師が存在しているかと言えば、答えはYESと断言することができません。都心部であれば、多くの人口が存在していますから、それに比例するように占い師の数も多い傾向にあります。

 

その中で自分の相談したいことに対して、高い専門性を発揮できる占い師を見つけられる可能性はあります。しかし、都心部でも腕の良い占い師がいるとは限りませんし、地方に行けばもっとその可能性は低くなります。

 

したがって、電話占いが良いのです。電話占いという場合、全国どこにいても実力のある占い師に出会えるチャンスがあります。私も身の回りにはルーン占いが得意という方が居なかったので、電話占いで相談させてもらった経験があります。

カウンセリング

悩んでいてとにかく辛い、話しを聞いてほしい、誰かに相談したい、そういう時ってありますよね。落ち込んでいるときは誰かに話を聞いてもらうことによって励まされたり、アドバイスをしてもらったりしたいものだと思います。

 

後ろ向きだった自分を前へ進むように奮い立たせてくれる存在がいるというのはとても嬉しいことです。そういった方は電話占いのカウンセリングを受けることをおすすめします。もちろん、仲の良い友人に話をするということもいいかもしれません。

 

しかし、話を聞き適切なアドバイスを行うことを仕事としているプロの方に依頼すれば、友人に相談をした時とはまた違った切り口でのアドバイスを聞くことができるかもしれません。

 

また、電話占いによるカウンセリングの利点としては、ただ相談に乗って話を聞いてアドバイスをしてくれるだけでない、という点です。

 

たとえばスピリチュアルカウンセリングというものがあります。これは高次元にある世界を通じて占うことになるため、スピリチュアルカウンセリングを利用すれば、問題となっている本質的な部分に迫ることができ、より高度の高いカウンセリングを受けることが可能となってくるのです。

 

霊的なメッセージを伝えてくれるので、普通に相談に乗ってもらうということではなく、電話占いならではのアドバイスを受けることもできるということです。しかし、どういったところに依頼すればいいのかと迷ってしまう方も多いでしょう。

 

電話占いを行っているサービスの中には、初回のみ無料にてカウンセリングを受けることができるところなどもあります。「お金を出して話を聞いてもらったのに、結局悩みが解決できずモヤモヤが残ったままだった…」なんてことになってしまったら悲しいですよね。

 

ですから、こういった無料でのカウンセリングサービスを提供しているところを利用すれば安心できるかと思います。注意しなければならないのは、霊視ができると嘘をついてカウンセリングを行う方がいるということです。

 

本当に霊視ができる方なのかどうかというのは、自分で見極めなければなりません。もしも電話占いを利用した時に、何も悩み等を聞かずとも何について悩んでいるのか理解されたなら、その方は本当に霊視ができる方であると判断しても良いでしょう。

 

そういったように相手が嘘をついているかどうかというのを見極める必要があるため、相談をする側は悪徳商法などに引っかからないように気をつけなければならないのです。

ダウンジング

ダウンジングは、金山や銀山と言った鉱脈であるとか、地下水脈を探すために考えられた手法です。棒や振り子を持って鉱脈や水脈といった資源を見つけるという方法です。

 

当時、高い確率で資源を探り当てたという人もいるようですから、本当に力量のある人がダウンジングを用いると、効果が期待できることがあります。私もテレビ番組で見た時に知った言葉ですが、犯罪の捜査や行方不明者の捜索に関してテレビ番組でも紹介されていることがありました。

 

ダウンジングの概念を知っているという方は案外多いのかもしれません。さて、ダウンジングは占いグッズを販売しているお店でも取り扱っていることがあるように、スピリチュアルなアイテムとしても認知されているようです。

 

こういったお店で取り扱っているアイテムの中には、ダウンジングを応用したペンデュラムというものがあります。これを用いることで占いを行うことができるというものです。たとえば、YES・NOと書いた紙の上でペンデュラムを持ち、質問に対する答えを導き出していきます。

 

たとえば、恋愛に興味のある方の質問の内容としては「結婚した方が良いか」「付き合った方がいいか」「別れた方がいいか」という問いが考えられます。

 

自分の人生を大きく左右する質問になることがありますから、1人で判断するのが難しいという場合にペンデュラムを用いて答えを導き出すようにするのです。

 

さて、このようなダウンジングないしはペンデュラムと言った占いの道具というのは、それ自体が占いの力を持っているというよりも、占い師の力を引き出すという考え方があります。元々の素質を持っている方であれば、ダウンジングを用いてかなり正確な占いを行えるケースもあります。

 

たとえば、電話占いでもダウンジングを得意としている占い師の方がいらっしゃいます。「電話占いの際に相手がダウンジングを使っているかは分からないのでは?」と疑問に思う方もいらっしゃいますが、先ほど書いたように、ダウンジングを使っていないから良いとか悪いと言った話ではないのです。

 

あくまでも占いの結果を導きやすくするためのプロセスに使われる道具に過ぎません。

 

したがって、得意な占いのスタイルにダウンジングを取り上げている方を見た時は「こういう道具を使うのが好きなのだな」という程度に解釈すれば良いので、ご安心ください。電話の向こうでもきっちりと鑑定してくれる占い師であれば、自分の将来を安心して相談することができますよね。